黒桟革「極」について
HOME > 黒桟革「極み」について
姫路黒桟革『極』について
2014香港APLFアワードMM&T展(素材展)にて日本人初の
ベストニューレザー部門グランプリを受賞した姫路黒桟革『極』
は、なめしの技術で手もみに頼る事なく吟面のシボを最大限に
引き出し、漆の特徴の乾固を利用し、なめしの技術 と塗りの
技術を極め、最大限に魅力を引き出し生まれた不易流行の
ジャパンレザーです。
審査員に「サムライ以来の伝統的な革をかばん や靴などの
現代ファッションの域に高めた」と 高く評されました。
香港APLF皮革素材・製造技術展2014において「坂本商店」が出展社コンテストで
「ベスト・ニュー・レザー大賞」を受賞しました。
●以下、2014年4月7日に行われた「産業労働部国際局 国際経済課長 河知 秀晃 様」
による記者発表です。

坂本商店(姫路市内黒浅革事業者)の香港
「ベスト・ニュー・レザー大賞」受賞について

2014年3月31日から4月2日にかけて、香港会議展覧センターにて開催された「皮革
素材・製造技術展2014」において、兵庫県香港経済交流事務所が支援した姫路市内の
「坂本商店」が出展社コンテストで「ベスト・ニュー・レザー大賞」を受賞しましたので、
概要をお知らせいたします。
坂本商店代表者の坂本弘氏は、今回の受賞について、「父親から受け継いだ技術、そして
兵庫・姫路の伝統技術が世界トップとして認められたものであり、感激に耐えない」とコ
メントしています。

1.「ベスト・ニュー・レザー大賞」受賞について
(1) 今年で30回目を迎える「皮革素材・製造技術展」は、皮革の素材と商品の展示
商談会であり、素材に関しては世界最大規模を誇る。コンテストは素材8分野、商品10
分野において、審査員が約1,200の出展社を評価し、それぞれの分野で大賞を授与する。
その中においても「ベスト・ニュー・レザー大賞」は最高の位置づけとなっている。
(2)坂本商店は、日本皮革産業連合会の選考により今回出展を行ったもので、日本代
表の坂本商店が世界最大の皮革素材展示会で最高賞を受賞した。
(3)日本皮革産業連合会の話では、素材分野についてはヨーロッパ勢が強さを誇る中、
同連合会の選考・斡旋による出展企業では過去に受賞歴はなく、日本企業としては坂本
商店が初受賞とのことである。
【香港「皮革素材・製造技術展」の概要】
○開始年:1984年
○出展社規模:約1,200社
○訪問者:約20,000人

2.坂本商店について
坂本商店代表の坂本弘氏は、先代より甲冑や剣道防具胴胸の素材として使われてきた
姫路黒桟革作りの技法を受け継いだ3代目職人であり、現在その革を作る唯一の存在と
なっている。
日本国内においても、兵庫県知事賞、経済産業省製造産業局長賞をはじめとする数々の
賞を受賞しており、世界でその技術が認められることを目指してきた。
【坂本商店(創業1923年)】
○代表者:坂本 弘氏
○住 所:兵庫県姫路市花田町小川367-1
○連絡先:(TEL)079-252-3050 (FAX)079-252-8717

産業労働部国際局
国際経済課
国際経済課長 河知 秀晃
(経済交流班主幹 海外事業支援担当 菱田 裕史)